天ケ瀬ダム 再開発事業
委員会・説明会の開催状況 河川整備計画関連の委員会・説明会等 瀬田川及び天ケ瀬ダム再開発環境ワーキンググループ 地質観察説明会 天ケ瀬ダム再開発景観検討委員会 トンネル式放流設備重金属等含有岩石処理対策検討会 淀川水系ダム事業費等監理委員会

淀川水系ダム事業費等監理委員会

(平成30年8月21日)
・ダム建設事業は、調査計画から用地補償、生活再建、ダム本体施工を経て完成する長期事業であり、その間の事業進捗や社会情勢の変化により、事業の内容や工法の見直しが必要となる場合があります。また、公共事業は、効率的な事業実施やコスト縮減等が求められる状況となっており、工程管理や事業調整等による事業費の縮減に取り組んでいくことが事業者に課せられた責務となっています。

・天ケ瀬ダム再開発事業、大戸川建設事業、川上ダム建設事業、丹生ダム建設事業について、コスト縮減策やその実施状況、工事工程の進捗状況等について助言を得ることを目的とし、近畿地方整備局琵琶湖河川事務所及び大戸川ダム工事事務所、独立行政法人水資源機構関西・吉野川支社は「淀川水系ダム事業費等監理委員会」を設置しました。(平成21年7月17日)

・第8回委員会(平成28年8月2日開催)から、議事概要と合わせて、配付資料を 委員会後に公表しています。

・第9回委員会(平成28年9月26日開催)から、委員会規約を一部改正し、関係府県及び利水予定者が オブザーバーとして委員会に参加出来ることになりました。

・第10回委員会(平成29年6月1日開催)から、丹生ダム建設事業の廃止に伴う整備についての取扱いに関して、委員会規約を一部改正しました。

委員会1    委員会2

○第11回委員会(平成30年7月30日)