大戸川の水害

水害の歴史

氾濫を繰り返した大戸川。今なお、不安の残る大戸川流域

被害状況の写真

 大戸川は「水七合に砂三合」と例えられたように、古くから大戸川流域は水害に悩まされてきました。(詳細はこちら)そして、多くの人たちの手によって、田上山地の砂防事業は進められ、今日ではずいぶん緑を取り戻しつつあります。

 しかし、昭和に入っても、大戸川の氾濫はおさまらず、昭和28年8月の大豪雨では死者44人を出すほどの大災害となりました。昭和57年の台風でも、石居橋が流失しています。

 このように大戸川流域は今もなお、洪水の不安を抱えこんでいる地域なのです。

昭和57年8月出水時の大戸川

大戸川水害年表
江戸時代
貞享元〜
宝永元
1684〜
1704
田上山からの土砂流入のため、牧・平野の耕田が排水不可となり、邸地も湿地化
宝永4〜
5
1708〜
1709
大戸川の氾濫により大被害を受け、中野・芝原が現在地へ移住。
以降1875年までに大水害が17回発生
宝永5 1709 大洪水により芝原堤防が決壊
宝永6 1710 大戸川の氾濫により牧村の木造り堤防が決壊
宝暦6 1756 大戸川の氾濫により芝原村の田地が残らず流失
明和2 1765 大戸川が決壊し、牧において家屋が流失
享和2 1802 大戸川の決壊により堂村23戸のうち20戸が流失。
小字里の内の集落は現在の高台に移住。
明治時代
明治16 1884 大戸川が氾濫し、土砂が流出
昭和時代
昭和3 1928 大戸川が決壊し、田畑30ha埋没
昭和23 1948 大戸川の増水により荒戸橋が流失
昭和28 1953 8月多羅尾村を中心に甲賀郡南東部一帯の集中豪雨。死者44名、負傷者130名を出す大災害が発生。信楽村でも16カ所で堤防が決壊。また9月の台風13号で大戸川をはじめ、ほとんどの川で堤防が決壊。寺院や民家の床上浸水や田畑への土砂流入、冠水が発生
昭和34 1959 伊勢湾台風。中野梨の木川が決壊し、家屋10数戸浸水
昭和42 1967 大戸川堤防が決壊し、濁流が芝原町の田地に流入
昭和57 1982 台風10号により石居橋が流失
平成7 1995 5月の出水により信楽町黄瀬地区で田畑が浸水