ホーム > 事務所の取り組み > 加古川・揖保川 > 河川環境整備事業

河川環境整備事業

●加古川(自然再生)
 加古川は、管理区間内に設置された井堰等は少ないものの、魚道が設置されていない施 設や、魚道機能に問題があり魚の遡上・降下に支障をきたしているものがあります。
 また、長年の河川改修や出水の影響で瀬・淵が消失したり機能が十分に発揮出来ないも のがあり、魚類等の良好な生息環境が減少しています。

 そこで、魚類の遡上・降下に支障のある魚道等について改良を図り、多様な生物生息環 境を創出します。また、瀬・淵の保全と、中下流部における人工ワンドの整備や礫河原の 再生を図り、止水環境を好む生物が生息できる環境の創出を図ります。


●揖保川(水環境整備)
 揖保川は長年、全国汚れのひどい川ワースト上位にランクされ、水質の悪化と悪臭問題 が深刻化する中で、工業用水・灌漑用水・漁業等に影響が出るとともに、親水性の低下に 悩まされてきましたが、平成6年度から始まった「清流ルネッサンス21」事業により、 水質等は大幅に改善されました。しかし、冬期に雨が少ない場合に水枯れが発生するよう になりました。


 林田川での水枯れは、良好な水環境改善に望ましいものではないため、早急に対策を行 う必要から、平成13年8月に「清流ルネッサンスII」事業に認定され、平成15年3月には、 「揖保川水系林田川水環境改善緊急行動計画」が策定され、平成20年度で事業が完了しました。

 今後は、これまでの「清流ルネッサンスII」の行動計画に取り組むことによって得られた 水質浄化(改善)及び林田川の冬期水枯れ解消等の成果について確認し、河川利用を促進 していきます。


●揖保川(自然再生)
 水質等の改善に伴い、生物(魚類等)についても種類や個体数の増加が見られるように なりましたが、新たに生物の河川縦断的移動を阻害する施設(堰等の河川横断工作物)の 存在が課題となりました。

 そこで、姫路河川国道事務所が管理する区間において、施設の改善について検討し、揖 保川の河川生態系の回復を図ることを目指して、「揖保川水系魚がのぼりやすい川づくり 委員会」を平成19年度に設立しました。5回の委員会検討結果をふまえて、平成21年2月 に「揖保川水系魚がのぼりやすい川づくり計画書」が策定されました。この計画書に基づき、 緊急性の高い堰の魚道改善を堰管理者とともに実施します。
      


●揖保川(地域連携)
 揖保川上流部にある宍粟市は、播磨地方内陸部の拠点都市の一つです。
 宍粟市では平成21年に新市庁舎を整備し、隣接する揖保川を活かしたまちづくりをす るため、「川まちづくり計画」を国土交通省に申請し平成21年5月に登録されました。
 この「川まちづくり」基盤整備のため、河川改修で行う築堤等の事業に合わせて、水際 部の掘削やスロープの整備などを行います。


加古川・揖保川ライブラリーに戻る