ホーム > 事務所の取り組み > 国道2号・29号 > 交通規制

交通規制

 豪雨等の異常気象時において通行車両等を土砂崩落、落石等の災害から守るために行う通行規制区間 は、国道2号に1箇所(1.0km)、国道29号に2箇所(14.1km)あり、これらの区間では、降雨量が一定に達したとき道路の通行 を規制することとしています。なお、災害体制等については、姫路河川国道事務所道路風水害・雪害・地震災害対 策部運営計画を定めており、それに基づき実施します。

異常気象時通行規制区間
路線 体制区域 延長
(km)
雨量観測所
(テレメータ)
通行止め基準雨量
2号 自 赤穂郡上郡町梨ヶ原
至 赤穂郡上郡町梨ヶ原
[129.0kp〜130.0kp]
1.0 落地雨量観測所
→現在の雨量
連続雨量 250(mm)
29号 自 宍粟市波賀町原
至 宍粟市波賀町戸倉
[54.7kp〜67.2kp]
10.9 引原雨量観測所
→現在の雨量
連続雨量 160(mm)
29号 自 宍粟市波賀町戸倉
至 宍粟市波賀町戸倉峠
[68.3kp〜71.5kp]
3.2 戸倉雨量観測所
→現在の雨量
連続雨量 200(mm)
異常気象時通行規制区間概要印刷用ファイル (665KB)
国道29号通行止区間案内チラシ用ファイル (888KB)


現在のライブカメラ
2号 船坂 29号 赤西  
船坂の現在のライブカメラ 赤西の現在のライブカメラ  

国道2号・29号ライブラリーに戻る