国土交通省 近畿地方整備局 兵庫国道事務所

道路管理

事故や災害を未然に防ぐため、安全な道路環境を維持する

兵庫国道事務所が管理する道路区間は、人口が密集する地域から山間地帯まで広く、地形も状態もさまざまです。道路が常に良好な状態を維持し、快適で安全に利用できるよう、国道の道路状態、利用状況を把握し、管理に必要な情報資料を収集。道路の構造保全、交通の危険防止、また各種調査、行政相談や苦情相談なども行っています。

道路管理

敷地管理

敷地管理道路区域の決定・変更や道路敷地の境界明示・確定を通して、道路敷地の適正な管理を行っています。なお、当事務所が管理している国道の境界明示などに係る申請は当事務所管理第一課および各出張所で受け付けています。

許認可事務

電気、通信、ガス、上下水道などライフラインや看板(突き出し看板)などの道路占用の許可、道路沿線土地利用者の乗り入れなど道路構造の変更を伴う工事施行承認、特殊車両通行許可などを行っています。特殊車両通行許可の取扱件数は年々増加しています。

許認可等事務取扱状況

許認可等事務取扱状況

不法占用物件の指導

不法占用物件の指導道路上の不法占用物件の撤去指導及び許可基準を満たす物件の占用許可申請指導を通じて、道路の適正な管理を行っています。また、自治体とも協力して社会問題となっている不法駐輪・放置自転車に対する指導・撤去にも取り組んでいます。撤去実施回数を増やすことで、撤去台数は年々増加しています。

放置自転車撤去状況

放置自転車撤去状況

道路損傷原因者からの復旧費用負担金の徴収

交通事故などによって管内の道路施設が損傷を受けた場合は、原因者を調査し、復旧に要した費用を負担していただく手続きを行っています。損傷事故の中では、防護柵(ガードレール等)に対する事故の占める割合が最も多くなっています。

道路損傷事故件数

道路損傷事故件数

管理区間延長(出張所別)

管理区間

神戸維持出張所 西宮維持出張所 洲本維持出張所 明石維持出張所
管理区間延長(出張所別)表   平成20年4月1日現在  (単位:km)

管理区間延長(出張所別)表

豪雨時の通行規制

国道28号、176号では、大雨・台風・大雪・地震などのとき、道路を利用される皆様の安全を守るために「通行止」などの通行規制を行う場合があります。右表のとおり、連続降雨量に応じた通行規制区間を設定し、自然災害から地域の安全を守ります。
尼崎市内の国道2号左門橋(左門殿川)では、台風などによる高潮の危険がある場合、川の水が市街地に流れこまないよう、防潮鉄扉を閉鎖し通行止めにします。毎年、関係機関と連携のもと、防潮鉄扉の閉鎖訓練を行っています。

通行規制区間

通行規制区間

このページのトップに戻る