トップ > 道路のしくみ > 道ができるまで

道ができるまで小野バイパスの場合
どうして新しい道が必要なんだろう

小野市(おのし)のなかを通る国道(こくどう)175号(ごう)は昔(むかし)にできた道のため、せまくてカーブがたくさんあります。

みんながだんだん車を使うようになってこむようになり、その横(よこ)を人や自動車が通るのがあぶなくなってきました。

もし広い道ができれば、車はスイスイ走れるし、古い道からは車がへり、人や自転車が安心して通れます。

そこで新しい道「小野バイパス」をつくることにしました。



つぎへ