HOME > 事業の紹介 > 委員会情報 > 猪名川流域総合治水対策協議会 > 総合治水対策について
総合治水対策について

   猪名川流域は、都市化のスピードが速かったので、河川の整備を中心とする河川対策だけでは、治水への対応が十分でありません。そのため、水を一時的に貯めておく施設の設置などをおこなう流域対策や、洪水時の被害を軽減する対策を同時におこなっていかなければなりません。

総合治水対策


河川対策


●河川改修
いろいろな河川工事を行って、雨水を安全に海へ流します。
河川改修
詳しく見る

流域対策


●校庭・駐車場・公園を利用して水をためる
雨水を一時的にため、少しずつ川に流すことで、
一度に川へ水が流れ出るのを防ぎます。
校庭貯留
●人口のため池(調整池)で水をためる
大規模な宅地開発が行われた開発地区内に調整池を作り、降った雨を一時的にためたあと、徐々に川へ流します。
調整池
●地面に水を浸透させる
透水性舗装・浸透マス・浸透トレンチ・浸透側溝などを設置し、本来のように雨が地面にしみこむようにします。
透水性舗装
詳しく見る

被害軽減対策


●PR活動などのさまざまな工夫
PR活動
詳しく見る