HOME > 事業の紹介 > 整備計画
整備計画

 猪名川流域は開発が著しく、都市化のスピードに従来の河川だけの整備を中心とする治水では対応できないため河川の洪水処理施設と流域対策の両面から洪水被害の軽減と防止をはかる必要があります。
 そこで、昭和55年9月に猪名川流域に関連する大阪府・兵庫県をはじめ、豊中市・池田市・箕面市・豊能町・能勢町・尼崎市・伊丹市・川西市・宝塚市・猪名川町の10市町と猪名川河川事務所で「猪名川流域総合治水対策協議会」を設立し、河川及び流域の整備に関する具体的な対策などの協議検討を進め、昭和57年に、猪名川流域の総合治水対策の基本方針を定めた「猪名川流域整備計画」を策定しました。現在は、流域関係機関が協力して、これに基づいた流域整備を推進しています。

<基本方針>
10年に1回程度の洪水を安全に流下させることを目標とする

流域整備計画の骨子

このページに関するお問合せは【工務課(旧管理課):072-751-1986】までお願いします。