HOME > 猪名川を知ろう > 生き物と水質 > 水質詳細データ
生き物と水質

 以前は友禅流しをする光景が見られるほど、猪名川は美しい水が豊富に流れる川でした。しかし1965年前後の都市化に合わせて水質が低下し、特に最明寺川、駄六川などの汚れがひどくなりました。
 そこで1969年に関係機関が「水質汚濁対策連絡協議会」を発足させ、下水道・公共下水道網の整備や、工場排水の上乗せ条例による厳しい基準規制が設けられたのです。
 また軍行橋・銀橋に水質自動監視装置を設置して、常に水質を監視した結果、1975年を境に中流部の水質は大幅改善されました。
 1977年以降は水質に大きな変化はなく、例年なみまたは改善されて水質悪化を防いでいます。



-関連情報-
水文水質データベース
川の防災情報