イベントレポート
2011猪名川愛護セミナー イベントレポート

 7月31日(日)に一般参加者約150名のもと、猪名川愛護セミナーを実施しました。このセミナーは、指導員と一緒に、川の中にすむ生き物を採取して種類や数を調べ、猪名川の水質を判定するもので今年で28年目になります。
 調査は晴天の中、こんにゃく橋、池田床固(いけだとこがため)下流、桑津橋の3箇所で行いました。
 調査の結果、トビケラやヤゴ、ヒラタドロムシ、スジエビ等が多く見られ、水質は3箇所とも昨年と同様に4階級あるなかのU(上から2番目)という判定でした。
 また、水の色やにおい、見た目のきれいさなどの「人の感覚による水質調査」も併せて実施し、一番上流のこんにゃく橋が4段階で一番良いAランク、池田床固下流と桑津橋が4段階で二番目に良いBランクという判定になり、3地点とも良好な水質が維持されていることがわかりました。

こんにゃく橋 池田床固下流
こんにゃく橋 池田床固下流
桑津橋
桑津橋

水生生物調査結果について

 水生生物調査結果PDFファイル (PDFファイル約:434KB)


■このイベントの告知ページ
ドットライン
  猪名川の愛護セミナー 告知ページへ