HOME > 安全に暮らす > 災害対策 > 風水害の防災体制

 猪名川河川事務所では、台風や災害で猪名川が決壊・氾らんを起こした場合を想定し、沿川の市町と協力しながら、安全を確保するための「災害対策部運営計画」を定め、さまざまな体制を整えています。



大雨・洪水
高潮
台風 流域平均
累加雨量
小戸水位観測所
注意体制 注意報の発令 日本への上陸が
予想
50mmになったとき 水防団待機水位(指定水位)を越すと予想される
警戒体制
第一
警報の発令 近畿地方接近
または上陸が予想
100mmになると予想されるとき はん濫注意水位(警戒水位)を越すと予想される
警戒体制
第二
100mm以上になったとき はん濫注意水位(警戒水位)を越しなお
上昇すると予想される
非常体制 計画高水位を
越えた

水防警報発令のめやす

 「水防警報」とは、沿川の水防団や消防機関が出動するか、あるいは出動準備体制をとるかなど、実際に水防活動を実施する場合の基準となります。水防警報は小戸水位観測所の水位を基準に、第1段階(待機)・第2段階(準備)・第3段階(出動)・第4段階(解除)の4段階で発令されます。




水防警報を実施する河川および区域

河川名 区域
猪名川 左岸:池田市古江町69番地先から神崎川への合流点まで
右岸:川西市滝山字上ノ宮9番地先から神崎川への合流点まで
藻川 猪名川からの分岐点から猪名川への合流点まで
小戸水位観測所
位置:池田市西本町
零点高:TP+21.305(m)

水防警報通報系統図

水防警報の発表者、連絡先およびその方法は下図のとおりです。すみやかに連絡が回ります。

 洪水予報作業を開始するタイミングについては、次のいずれかの状況になった場合に、猪名川河川事務所と大阪管区気象台が協議したうえで決定します。

表A
河川 流域 1時間
雨量mm
3時間
雨量mm
6時間
雨量mm
12時間
雨量mm
24時間
雨量mm
猪名川 小戸水位観測所上流域 15 40 50 90 130

このページに関するお問合せは【工務課(旧管理課):072-751-1986】までお願いします。