HOME > 安全に暮らす > 猪名川流域の防災情報 > 災害への備え

災害から身を守るためには、正確で最も新しい情報のキャッチと、すみやかな対応が必要です。次のようなことに注意して、家族みんなが的確に行動できるようにしておきましょう。


防災訓練に参加しましょう 家族で防災の話し合いを
学区や自治会などで行われる防災訓練に参加し、防災に必要な知識と行動力を身につけておきましょう。 台風シーズン前など、年に一度は家族で防災時の対応について話し合い、避難場所・避難方法・連絡方法などを確認しておきましょう。

点検修理は早めに 気象情報に注意しましょう
雨どいの詰まり、瓦のズレ、窓ガラスや外壁のヒビ割れ等の点検と破損ヵ所の補修をしておきましょう。ブロック塀や板塀の補強も忘れずに。 台風や豪雨が近づいてきたら、テレビやラジオの気象情報・速報などに注意し、最新かつ正確な情報をキャッチ。すぐ逃げ出せる準備を整えておきましょう。

浸水に備えましょう 避難準備をしましょう
床上浸水に備えて食料品や貴重品、衣類など濡れては困るものを2階以上へ移動。土のう等を用意し、浸水しやすい場所に積んでおくのも大事です。 気象情報を常にキャッチ。住んでいる地域に注意報や警報が出たら、懐中電灯・携帯ラジオ・非常持ち出し袋等を準備します。

 
早めに避難しましょう
集中豪雨や大雨のときは地盤がゆるみ、地すべりやがけくずれの起きる危険性が大。異常を感じたり、避難勧告が出たら迷わず早めに避難しましょう。