紀伊山系砂防事務所木津川水系直轄砂防事業

関連サイト

木津川水系直轄砂防事業

事業のあらまし

木津川上流域における土砂流出に起因する土砂・洪水氾濫被害および土石流被害から国民の生命・財産および重要交通網等の社会基盤を保全するため砂防事業を実施しています。

木津川上流域の砂防事業は、明治11年に着手して以来、荒廃した山地を緑化するための山腹工や砂防堰堤を主体とした工事を実施してきました。その一方で、昭和に入ってからも昭和34年9月の伊勢湾台風をはじめ、台風や集中豪雨等により山腹崩壊や土石流災害が発生しており、継続して砂防施設を整備しています。

平成29年度からは木津川上流河川事務所から業務を引き継ぎ砂防事業を推進していきます。