紀伊山系砂防事務所紀伊山系直轄砂防事業情報

関連サイト

清水山腹工(しみずさんぷくこう)(奈良県五條市)

清水では発災当時、幅220m、高さ250m、長さ350mの崩壊が発生し約160万m3にのぼる崩壊土砂が発生しました。斜面再崩壊による崩壊土砂や、熊野川河道部における顕著な河床上昇等により、斜面対岸の宇井地区、隣接する清水地区で甚大な被害が生じる恐れがあります。このため、崩壊斜面の安定化や、洪水流の安全な流下のための護岸整備を実施しています。

砂防設備の整備状況(平成29年11月)

砂防設備整備予定図

雨量情報

状況の詳細はこちら

清水施工現況写真
排土工+斜面抑止工
清水施工現況写真
護岸工(下流側)
清水施工現況写真
護岸工(上流側)

ライブカメラ

※ライブカメラをご覧いただく場合はInternet Explorerをご利用ください。

紀伊山系直轄砂防事業

奈良県内の対策工事箇所

和歌山県内の対策工事箇所