一般国道169号 奥瀞道路(II期) パンフレット

 一般国道169号は、奥熊野地方の日常生活の支えとして、また観光地アクセスの経路として重要な役割を担っています。
 奥瀞道路(II期)は平成19年度に事業化され、異常気象時通行規制区間の解除と、幅員狭小・線形不良区間における問題を解消し、地域間交通・日常生活の利便性向上を主な目的としています。
 北山村~新宮市熊野川町玉置口間(6.3km)は、奥瀞道路として昭和56年に事業化し、平成20年7月12日に開通しています。

起終点
起点)和歌山県新宮(しんぐう)市
   熊野川町(くまのがわちょう)
       玉置口(たまきぐち)
終点)和歌山県新宮(しんぐう)市
   熊野川町(くまのがわちょう)
       九重(くじゅう)
計画延長
5.2km
幅員
7.0~8.0m(歩道なし)
構造規格
第3種第3級
設計速度
40km/h
車線数
2車線

事業の状況

  • 奥瀞道路(II期)

過去の事業状況:

標準断面図

土工部 橋梁部 トンネル部
平成19年度
事業化(5.2km)
平成21年度
用地着手
平成22年度
工事着手

安定した地域間交通の確保

 国道169号線の当該区間は、交通不能区間(平成8年解消)・幅員狭小区間・線形不良区間・通行規制区間などがあり通行に支障をきたしています。奥瀞道路の開通に引き続き、奥瀞道路(II期)の整備により、これらの問題が解消され、「交通安全面」「緊急車両の円滑な活動」など、移動の確実性が向上します。

幅員が狭く、離合困難な国道169号の現況

整備前

国道169号交通不能区間(整備前)

整備後

整備後の奥瀞道路(有蔵トンネル)


周辺医療施設への到達時間の短縮

 新宮市立医療センターと紀南病院(御浜町)は、当地域における総合病院及び緊急病院の役割を果たしています。一刻を争う急病の場合に備えて、国道169号のさらなる整備が急がれます。

※H22年道路交通センサスより算出