熊野川減災協議会
 平成27年9月の関東・東北豪雨を受けて、施設では守り切れない大洪水は必ず発生するとの考えに立ち、
国・県・市・町が連携・協力して、減災のための目標を共有し、ハード対策・ソフト対策を一体的、計画的に
実施することにより、社会全体で常に洪水に備える「水防災意識社会」を再構築する事を目的とし、「熊野川
下流部減災対策協議会」を設立しました。
 平成29年5月の水防法改正を受けて、対象区域に県管理区間を含める事とし、「熊野川減災協議会」となり
ました。

【委員会情報】
■第1回協議会 <平成28年6月13日開催>
■第2回協議会 <平成28年7月21日開催>
■第3回協議会 <平成29年3月22日開催>
■第4回協議会 <平成29年7月13日開催>
【紀南河川国道事務所の取り組みはこちら】

<危機管理型ハード対策>

本協議会の一環として紀南河川国道事務所が取り組んでいる
危機管理型ハード対策について進捗状況を示します。

■平成28年6月時点 [PDF:522KB]


<各機関との連携>

■平成28年8月31日 [PDF:2.05MB]


台風10号接近の5日前にあたる平成28年8月25日9時にタイムラインを発動しました。


■平成28年9月21日 [PDF:714KB]


台風16号接近の5日前にあたる平成28年9月15日10時にタイムラインを発動しました。


■平成28年10月6日 [PDF:663KB]


台風18号接近の5日前にあたる平成28年9月30日10時にタイムラインを発動しました。


■平成28年11月6日 [PDF:672KB]


「新宮市防災フェア」に参加しました。






トップへ戻る