事務所の取り組み砂防

砂防事業とは

災害から人の命と財産を守り、自然との共生をめざします。

砂防のあらまし

木津川上流域の砂防事業は、水源上流に広がっていた荒廃山地に明治11年、全国に先がけて行われ現在に至っている。以来、荒廃した山地を緑化する、山腹工を主体とした工事が実施されてきた。出水ごとに起こる幾多の大災害に対して、先人達の努力と情熱、住民の労力によって治山が行われ、今日の緑豊かな水源が復元されたのである。 現在の5市3村に及ぶ事業区域では、昭和に入ってからも多くの災害が発生。特に昭和34年9月の伊勢湾台風では、無数の山腹崩壊と幾多の土石流災害により、流域各地で洪水氾濫が起こっている。そして今もなお、崩壊地から土砂が河川に流れ出している。
当内事業区域には、淀川水系総合開発の一環としてつくられた高山ダムの他、青蓮寺ダム、室生ダム、比奈知ダム及び、建設中の川上ダムがある。これら一連の多目的ダム貯水池への流入土砂を軽減し、木津川流域と下流淀川の治水を目的として砂防事業を推進している。