事務所の取り組み維持・管理

光ファイバー

河川管理施設を光ファイバーで結び、一括管理・操作しています。

集中管理システム

集中管理システム

センターステーション

センターステーション

上野遊水地には、現在26箇所の樋門とポンプ場が1箇所あります。洪水時には河川の水が逆流する等の被害が生じないよう、地元の消防団の方々にお願いし、これら樋門等の施設の操作を行っています。

予測される人的作業の問題点
・暴風雨や夜間等の厳しい状況の中での作業
・大洪水になると交通が遮断され、現場への到着が遅れる
・現場は危険であるとともに、洪水が長期化して多人数の作業員に過度の負担がかかる
・困難な状況の中、迅速かつ的確に操作することが難しい
・将来的に、施設が増えた場合の操作員の確保

これらの課題解決のため、樋門、ポンプ場等の河川管理施設を光ファイバーで結び、これらをセンターステーションから一括管理・操作を可能にする集中管理システムを整備しました。

小田新田樋門 小田制水ゲート

ポンプ場 小田陸閘

センターステーションによる遊水地の集中管理は、状況の確実な情報と施設の的確な操作がセンターステーション内から一括して行えるものです。

集中管理システムの機能
■監視する: 河川状況、施設状況、河川流況の監視
■操作する:樋門等施設、TVカメラ、警報の遠隔操作
■記録する:操作の記録、水位の記録
■支援する:樋門の操作や警報装置の手順を文字と音声でガイダンス

集中管理システムの効果

・すばやい状態把握
常時監視(水位、TVカメラ、記録等)により、遊水地や河川の状況を把握することができます。

常時監視
連絡不通交通路障害等で、現場への到着・操作が遅れるような状態を防ぎます。

現場への到着・操作  
・すばやく確実  
すばやく確実暴風雨時や暗闇での厳しく危険な現場作業が少なくなり、安全な場所で監視し、かつ確実な操作が可能となります。



・的確な操作    
ガイダンスセンターステーションから全施設の監視と操作ができ、各施設の操作手順はTV画面に文字と音声でガイダンスされ、的確な操作が行えます。