事務所の取り組み治水・防災

名張川改修

災害から市街地を守る対策を環境に配慮しながら進めています。

名張市は昭和40年代以降、大阪都市圏への通勤圏として大規模な住宅開発が行われ、市街地化が急速に進んだ地域。名張川は分散型の市街地を取り囲むように流れているため、洪水による被害ポテンシャルは年々高まっている。このため、さらなる整備の必要性がある。

鍛冶町橋より上流を見た写真 〜川岸に非常に近い場所に民家が立ち並ぶ〜

平水状態 名張川増水状態
鍛冶町橋より上流を見た写真(平水状態) 鍛冶町橋より上流を見た写真(名張川増水状態)

新町橋より上流を見た写真 〜川面と大差の無い高さに並ぶ家と堤〜

平水状態 名張川増水状態
新町橋より上流を見た写真(平水状態) 新町橋より上流を見た写真(名張川増水状態)

改修中の名張川(昭和60年11月)

改修中の名張川

災害─浸水被害が常襲 名張市街地─

■名張川流域は名張川本川、宇陀川、青蓮寺川からなっています。
流域の90%は山地、10%は名張盆地を中心とした平地。盆地の中心部に名張市街地があります。
■名張盆地の中心にある名張市街地。
名張川の川岸まで民家があります。 左岸には集落が点在しており、ここは霞堤あるいは無堤地区が多く、浸水被害の常襲地帯となっています。
■地域開発により名張川流域には各種公共施設、公益施設、住宅などが急増。
名張市街地では、人口の増加にともない、災害発生時に莫大な被害を受ける恐れがあります。