事務所の取り組み治水・防災

上野遊水地事業

遊水地をつくることで旧上野市周辺を河川の氾濫から守ります。

概要

上野盆地は木津川、服部川、柘植川の3川が合流した直下流に岩倉峡という狭窄部があることから、洪水による浸水被害を常習的に受けていました。
上野遊水地は、大洪水時に洪水の一部を4つの遊水地(長田、木興、小田、新居)で一時的に貯留させ、流量調節機能の確保と伊賀市周辺の治水対策を目的にしています。
平成27年6月15日より運用を開始しました。

上野遊水地全景

上野遊水地全景

戦後最大湛水域(上野地区氾濫図)

河川名 遊水地名 遊水地面積(ha) 湛水容量(万立方m)
服部川 新居遊水地 61.2 206
小田遊水地 62.2 280
木津川 長田遊水地 55.1 172
木興遊水地 70.0 242
248.5 900
上野遊水地のしくみ
通常時 → 洪水初期 → 洪水終期
通常期 洪水初期 洪水終期
いつもは、特に変化なく、川に水が流れているだけ 越流堤から洪水を遊水地に導く 遊水地に貯まった水は、排水門から川へ戻される
くらしと経済を支える ―上野遊水地のストック効果―