さぁ、川へ行こう 水辺の楽校 ホーム
水辺の楽校とは 水族館 昆虫館 植物園 野鳥館 水辺で遊ぶ 自然と楽しむ施設
川を子どもたちの身近な遊びや自然体験の場にすることを目的に国がすすめている事業です。
自治体や河川管理者、市民団体などで水辺の楽校協議会を作り、
整備計画をたてて、市町村が水辺の楽校の登録申請を行います。
登録が認められた後、ハードソフト両面で事業をすすめていきます。
河川を整備する際には、瀬や淵、せせらぎ、ワンド等自然の状態を保全・復元するとともに、河岸への導線や遊歩道の確保などを行います。
NPO、ボランティア団体等の地域の方々と協力しながら、水辺が自然体験の場、遊びの場として活用されるような仕組みを作ります。
三本松水辺の楽校
木津川上流河川事務所
Get ADOBE FLASH PLAYER
Copyrights Ministry of Land, Infrastructure and Transport Kizugawa Joryu office All Right Reserved.