さぁ、川へ行こう 水辺の楽校 ホーム
水辺の楽校とは 水族館 昆虫館 植物園 野鳥館 水辺で遊ぶ 自然と楽しむ施設
 
用意するもの 木のぼう
遊び方 木のぼうの片方を水のなかに入れ、もう片方を耳にあててみる。
流れの速いところと遅いところでは音がちがうよ。
 
用意するもの ペットボトルを半分に切って、透明のラップをはったのぞきめがね
遊び方 のぞきめがねを川にいれて上からのぞいてみる。
なにがみえるかな?
 
用意するもの 石ころ(ひらたくて丸い形がよい)
遊び方 川に向かって石ころを投げ、川の水面にうまく石を滑らせて
波紋を作る。距離や波紋の数などで競争する。
 
用意するもの 金ザル、ビニール袋、ピンセット、温度計、記録ノート、
バットかくだものケース、フィルムケース(ふたつき)、
虫めがね、水生生物図鑑
調べ方 1. 事前に現地の川の特徴を調べておく。
2. 早瀬、平瀬、淵(ふち)で水生生物を採取する。
3. 採取した生物をバットなどにいれる。
4. 採取したものを調査・観察する。
詳しくはコチラをご覧ください。
オスとメスの見分け方
 
1. お水はあらかじめバケツなどにくみおき、
1日太陽にあてておく。
2. 水そうの底に砂利をしき、水を入れる。
たまごを産みやすいように水草をいれる。
3. かんそうミジンコなどのえさを1日3回ぐらい
食べ残しが出ない程度にあげる。
水そうは日光が直接当たらない明るいところに置く。
むやみに川や池に放さないようにしよう。
最後まで責任をもって飼おう。
 
木津川上流河川事務所
Get ADOBE FLASH PLAYER
Copyrights Ministry of Land, Infrastructure and Transport Kizugawa Joryu office All Right Reserved.