防災情報浸水想定区域図

重要水防箇所とは

洪水時には、堤防が壊されたり、洪水が堤防を越えてあふれ出したりしないように、地域の水防団の方々が「水防」活動をして、堤防を守ります。そうした事態をいち早く察知するため、洪水が一定の規模になると危険な箇所がないか、堤防を点検します。ただし、点検する区間が長いため、現在の堤防の高さや幅、過去の漏水などの実績などから、あらかじめ水防上重要な区間を決めることで、より効率的に点検ができ、危険な箇所の早期発見が可能です。このような考えから、毎年重要水防箇所を定めるとともに、洪水期前には関係者により、その年の重要水防箇所を確認する合同巡視なども行われています。

重要水防箇所評定基準

種別 重要度
A.水防上最も重要な区間 B.次に重要な区間 要注意区間
堤防高 計画高水流量が流下したとき、水位が現況の堤防高を超え計画高水流量を流下させることのできない最も危険な箇所。 計画高水流量が流下したとき、現況の堤防の余裕高が計画余裕高を下回り、計画高水流量を流下させるには危険な箇所。  
堤防断面 堤防断面が計画堤防断面の2分の1以下の箇所。 計画堤防断面に対して堤防断面が不足しているが、2分の1以上は確保されている箇所。  
防斜面の
崩れ
防斜面の崩れの実績があり、その対策が未施工の箇所。 防斜面の崩れの実績は無いが、実績のよくある箇所と同条件と考えられる箇所。  
スベリ スベリが予想される箇所で、実績もありその対策が未施工の箇所。 スベリの実績は無いが、実績のよくある箇所と同条件と考えられる箇所。  
新堤防     新堤で、築造後3年以内の区間。
漏水 漏水の実績があり、対策が未施工の箇所。    
水衝・深掘れ (1) 堤防と接近している河岸が計画河床より5m以上深掘れされ、かつ、水当たり部となっていて、その対策が未施工の箇所。
(2) 橋台取付け部やその他工作物の突出工作物の処置箇所で、堤脚護岸の根固め等が現に深掘れされており、その対策が未施工の箇所。
(3) 波浪によって、河岸の一部流出等の危険に瀕した実績があり、その対策が未施工の箇所。
(1) 堤防と接近している河岸が計画河床より深掘れされ、かつ、水当たり部となっていて、その対策が未施工の箇所。
(2) 河床部の経年変化より、深掘れ傾向が顕著な箇所。
 
工事施工     出水期間中に堤防を開削する工事箇所。または、仮締切り等により本堤に影響を及ぼす箇所。
工作物 (1) 河川管理施設等応急対策基準に基づき改善措置が必要な堰、橋梁及び水門等の工作物が設置されており、その対策が未施工の箇所。
(2) 堰、橋梁及び水門等の工作物が著しく老朽化しており、その対策が未施工の箇所。
(3) 橋梁その他の河川横断工作物の桁下高等が計画高水流量規模の洪水の水位以下となる箇所。
   
陸閘     陸閘が設置されている個所。