茶農家(和束町)

 

畑 廣道 

 

宇治茶の産地として有名な茶源郷和束にてお茶栽培を営まれています。

南山城村「むらいきいき祭り」の展示きっかけで刈草ロールを知り、お茶栽培にご利用いただいています。

 

主な利用用途は、「苗木の保護」、「土壌改良のための畝間への敷設」。

 

従来利用していたワラ等に比べて獣に荒らされることも少なく、非常に利用しやすいとのことでした。(平成24年12月)

 

 

テキスト ボックス: #1 茶農家
テキスト ボックス: 畑 廣道様

刈草ロールを有効に活用いただいている「刈利人(かりゅうど)」の皆様を紹介します。

 

角丸四角形: 利用回数:5回

宇治茶の産地、茶源郷和束。

モクモク手作りファーム(伊賀市)

 

会員制貸農園 農学舎 

 

モクモク手作りファームの運営している会員制農園「農学舎」では、会員の方と一体となって刈草ロールの活用を実践されています。

 

角丸四角形: 利用回数:10回

刈草ロールの可能性を探る。

テキスト ボックス: #2 モクモク手作りファーム
テキスト ボックス: 農学舎様

主な利用用途は、「マルチング材」、「堆肥材料」

 

長期間保存して発酵したロールにぼかし液を加えることで効果的に利用できるのでは?」と、新しいことにも積極的にチャレンジされていて、刈草ロールの可能性を感じました。(平成25年2月)

 

 

テキスト ボックス: #3 森田園
テキスト ボックス: 森田 安俊様

森田園(伊賀市)

 

森田 安俊 

 

伊賀市神戸地区にて「ぶどう」「もも」の栽培を40年間にわたり営まれています。

角丸四角形: 利用回数:6回

地域で資源を循環させる。

主な利用用途は、「マルチング材」、「土壌改良」。草を抑制し、さらに乾燥や土砂流出を防ぐ効果もあり、最後にはすき込むことで堆肥として還元されるとのこと。

 

「地域で資源を循環させていくことが一番良い。」と積極的に活用いただいている姿が印象的でした。(平成25年2月)