ライブラリわくわく探検隊

わくわく探検隊

しゃしんで見よう!むかしのさいがい

みんながくらしている川や山の近くでは、むかしから大雨がふると大きな災害(さいがい)におそわれていたんだ。川の水があふれ出したり、山がくずれて石や土砂(どしゃ)がいっきに流れおちたり。
そんな災害(さいがい)から、みんなのまちやむらをまもることは、とてもたいせつなことなんだよ。

川の災害

しょうわ28年台風13号のとき

名張川(なばりがわ)の水が橋(はし)の上まであふれています。

しょうわ34年9月 伊勢湾(いせわん)台風のとき

名張市(なばりし)夏見(なつみ)のひがいのようす。

しょうわ36年10月 伊賀市の鍵屋(かぎや)の辻(つじ)近く

さいきんのしゃしんとくらべるとよくわかるけど、たくさんの水があふれて、かぎやの1かいがぜんぶ水につかってしまいました。

山の災害

川からあふれた水をためる「遊水地(ゆうすいち)」

山がくずれて土砂(どしゃ)がいっきに流れおちたようす。木もたおされています。

名張市(なばりし)上長瀬(かみながせ) 頂上(ちょうじょう)からふもとまで、山くずれがおこりました。

青山町 津元谷(つげんだに)
土砂災害(どしゃさいがい)がおこって家がこわされたようす。