流域のすがた流域の災害の歴史

流域の災害の歴史

木津川上流域は大雨や台風による洪水で、これまでに甚大な被害を受けてきました。

昭和28年

昭和28年9月 台風13号による被害がありました。

名張川の増水(鍛冶町橋)

昭和34年

昭和34年9月の伊勢湾台風による被害は多大なものでした。
雨量432ミリ、湛水面積1540ヘクタールを記録し、豪雨により名張川が数カ所で決壊氾濫しました。 橋の流失があいつぎ、濁流が市街地の高台を除く全域に流れ込み、繁華街は泥海となりました。 浸水被害をはじめ、家屋流出など、人命財産に多大なる被害をもたらしました。

名張市夏見

名張市新町橋の流出

名張市 夏見(糸川橋 夏見橋)

名張市 本町

昭和36年

昭和36年10月には前線豪雨による被害がありました。

10月29日
上野市鍵屋の辻付近の浸水状況

平成元年頃の鍵屋の辻の様子

10月28日
伊賀市 小田