×閉じる

MENU

文字のサイズ

第二阪和国道

第二阪和国道
トップページ > 第二阪和国道 > 概要

※第二阪和国道及び旧国道26号の管理について詳しくはこちらへ。

mainvisual

計画概要

 第二阪和国道は、大阪府南部と和歌山県北部の連携を図り、時間距離を大幅に短縮するとともに、異常気象時通行規制区間の解消や関西国際空港へのアクセス向上を図ることを目的とした延長20.6kmの地域高規格道路です。
 平成15年4月に阪南市自然田~箱作ランプ間を、平成16年6月には箱作ランプ~箱ノ浦ランプ間を、平成23年3月には箱ノ浦ランプ~淡輪ランプ間を、平成27年9月には平井ランプ~大谷ランプ間を平成29年4月には淡輪ランプ間~平井ランプ間をそれぞれ暫定2車線で開通しました。
 和歌山市内では、平成15年4月に和歌山市大谷~元寺町間を全線完成4車線で開通(JR立体交差化を除く)しました。

第二阪和国道地図
全体図
※和歌山北バイパスは和歌山河川国道事務所の事業
ページの上部へ