×閉じる

MENU

文字のサイズ

清滝生駒道路

清滝生駒道路

計画概要

 清滝生駒道路は、大阪市・大阪府東部・奈良県北部・京都府南部などを連絡する国道163号の内、大阪府四條畷市から奈良県生駒市を結ぶ幹線道路であり、関西文化学術研究都市の開発などによる交通量の増加に伴う慢性的な交通混雑や、国道163号の急カーブ及び急勾配などの解消を目的とした大阪府域(清滝区間約5.3km)、および奈良県域(生駒区間約5.7km)延長約11kmの道路です。
 清滝区間については、平成26年3月19日に清滝トンネル区間1.7kmの4車線化工事が完了し、清滝トンネル東側~府県境については引き続き工事を進めて行きます。
 生駒区間については、高山大橋交差点において、平成27年12月5日に対面通行から上下分離通行へ交通切替えし、側道部2車線を開通しました。平成30年度は清滝区間で調査設計、橋梁上・下工事、改良工事、生駒区間で調査設計、用地取得、埋蔵文化財調査、改良工事を推進します。

※精華拡幅については、京都国道事務所にお問い合わせ下さい。
※国道163号については、大阪府域は大阪国道事務所、奈良県域は奈良国道事務所へお問い合わせ下さい。

ページの上部へ