ならこく事業紹介 「みなさまと共に作る21世紀の奈良」にふさわしい質の高い道づくりに取り組んでいます

清滝生駒道路(生駒区間)


清滝生駒道路(生駒区間)の事業については、

平成23年度より
浪速国道事務所が担当しています。

 ■浪速国道事務所(清滝生駒道路)のページはこちら
 http://www.kkr.mlit.go.jp/naniwa/05/index.html












学研都市の開発を見据えた計画、開発を推進

清滝生駒道路は、奈良県北部沿線の宅地開発、さらに関西文化学術研究都市の開発等による将来の交通需要増加及び現国道の線形不良等を解消するために計画された生駒市北田原町から生駒市鹿畑町に至る道路です。

当道路は、平成10年度に全線が地域高規格道路の学研都市連絡道路の計画路線に指定され、その内、大阪府県境から生駒市高山町に至る約3kmが整備区間に指定され、平成17年3月に都市計画変更されました。現在、各種調査・設計等を推進しています。また、交通渋滞が著しい高山大橋交差点部において、渋滞緩和及び交通安全確保を目的とした交差点改良を進めるため、用地買収を推進するとともに文化財調査に着手しています。

位置図
清滝生駒道路
生駒市高山大橋交差点付近
生駒市高山大橋交差点付近
整備イメージ
整備イメージ

【主要諸元】
路線名 一般国道163号
箇所名 清滝生駒道路(生駒区間)
延長 5.7km
規格 第3種第2級
車線数 4車線
設計速度 60km/h
場所 生駒市北田原町〜生駒市鹿畑町
【経緯】
S60年度 都市計画決定
S61年度 事業化
H10年度 全線地域高規格路線指定
地域高規格道路整備区間指定
(北田原町〜高山町:2.7km)
H16年度 都市計画決定(変更)