国土交通省 近畿地方整備局

国土交通省 近畿地方整備局

  • 文字のサイズ
2017年11月2日

中山間地域における道の駅等を拠点とした自動運転サービス道の駅「奥永源寺渓流の里」において実証実験をスタート~「マイクロバス」タイプの車両が、全国初のレベル4公道走行へ~

概要

  近畿地方で初の実証実験を、道の駅「奥永源寺渓流の里」(滋賀県東近江市)において11月11(土)から開始します。

国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、全国13箇所で、順次、実証実験を行うこととしております。
今般、近畿地方では初めての実証実験を、11月11日(土)から11月17日(金)までの間、道の駅「奥永源寺渓流の里」(滋賀県東近江市)において実施します。
今回の実験では、先進モビリティ(株)が開発した「マイクロバス」タイプの車両を用い、本タイプの車両としては、全国初の公道での自動運転レベル4による走行を行います(専用空間において、運転手不在でシステムが全ての運転タスクを実施)。
実証実験の開始にあわせて、11月11日(土)に実験開始式を以下の通り行いますので、お知らせいたします。(概要は添付資料をご確認ください。)
[実験開始式]
1.日 時: 平成29年11月11日(土) 12時00分から
2.会 場: 道の駅「奥永源寺渓流の里」 (滋賀県東近江市蓼畑町510番地)
3.主 催: 道の駅「奥永源寺渓流の里」を拠点とした自動運転サービス地域実験協議会
4.概 要: 挨拶、実験概要説明、実験車両説明、テープカット、実験車両試乗 等

※報道機関の方で取材、実験車両への試乗をご希望の方は、11月9 日(木)15時までに、以下まで取材FAX 申込書をお送りください。
  近畿地方整備局滋賀国道事務所(FAX:077-522-6824 自動運転実証実験担当 宛)
※本実験は、内閣府戦略イノベーション創造プログラム(SIP)のプロジェクトの1 つとして実施するものです。

問い合わせ先

問い合わせ先

■実験開始式及び取材申込について
国土交通省近畿地方整備局 滋賀国道事務所
  副所長         峯川 繁
  総括保全対策官 平井 義博
  電話:077-523-1764(直通)
■その他全般について
国土交通省近畿地方整備局 道路部交通対策課
  課長           中尾 勝
  道路構造保全官 石橋 博孝
  電話:06-6945-9107(直通)