国土交通省 近畿地方整備局

国土交通省 近畿地方整備局

  • 文字のサイズ
2017年5月19日

緊急速報メールを活用した洪水情報のプッシュ型配信を淀川水系国管理河川29 市町村で開始します!~洪水の危険性を流域住民へ迅速に情報提供し、主体的な避難を促進~

概要

○国土交通省では、「水防災意識社会 再構築ビジョン」のもと、洪水時に住民の主体的な避難を促進するため、平成28年9月から国が管理する2河川(鬼怒川、肱川)の沿川市町村(茨城県常総市、愛媛県大洲市)において洪水情報※1のプッシュ型配信※2に取り組んでいます。
○近畿地方整備局管内では、自治体や携帯電話事業者との調整等が整った淀川水系国管理河川29市町村において、6月15日から配信を開始します。これにより、近畿地方整備局管内の9水系68市町村で運用することになります。
  配信対象は、今後も順次拡大していきます。

※1 「洪水情報」とは、洪水予報指定河川の氾濫危険情報(レベル4)及び氾濫発生情報(レベル5)の発表を契機として、住民の主体的な避難を促進するために配信する情報です。
※2 「プッシュ型配信」とは、受信者側が要求しなくても発信者側から情報が配信される仕組みです。

問い合わせ先

近畿地方整備局 河川部
水災害予報センター長  由井 伸直
水災害対策専門官      林 貴宏
TEL 06-6944-8853(直通)