みどりとGO!
出前講座「みどりとGO」の実施内容

 出前講座では「みどりとGO!」のパンフレットを使って、安全に道路を利用してもらうための実習を行っています。
 平成17年度は、大阪府内の小学校37校を対象に51講座を実施し、約3,700人の児童が参加しました。

参加小学校一覧はこちら

パンフレットの内容は「DAIKOKU KIDS」の「みどりとGO!」をご覧ください。


体験講座

写真
視覚障害者が道を歩く時って?

 目の不自由な方が安心で安全に歩ける工夫の1つに「点字ブロック」があります。
  体験では目の不自由な方の立場になって、点字ブロックがあるところと、ないところを歩いてもらいます。

写真
バリアフリー体験

車イスやベビーカーで安心して通れるように道を広くしたり、段差を少なくする工夫がされてます。
体験では車イスを使って段差の違いや傾斜の違いを体験し、バリアフリーを実感してもらいます。

写真
透水・保水性実験

水たまりを少なくする工夫として、道路に水を通すブロック(透水性舗装)と水を吸収するブロック(保水性舗装)があります。
実験ではブロックに水を流し込んで見てもらいます。


こんなお手紙も頂いてます

※画像をクリックすると拡大されます
手紙
手紙
手紙
手紙


なお、出前講座の申し込み、お問い合せは、

<問い合わせ先>
大阪国道事務所 総務課・地域調整課 出前講座担当まで
TEL:06-6932-1421
[ 戻る ]