みどりとGO!
出前講座『みどりとGO!』を実施しました!
 大阪国道事務所では、交通事故が多発している箇所の解消を目指して、@高齢化社会への対応、A歩行者の安全確保、BITSの活用、C交通安全教育の普及、の4つの視点から交通事故重点事業を中心に、より重点的な交通安全対策を実施しています。
 その一環として、小学生の皆さんに、道路を使うルールや道路施設の意味、役割を理解してもらい、マナーの向上や交通事故の防止について学んでいただくことを目的とした出前講座を実施しました。

【出前講座を実施した小学校】
小学校名 実施学年 参加人数 講座時間 実施年月日
柏原市 国分小学校 3・4年生 217人 45分 平成18年10月16日(月)
柏原市 柏原小学校 3年生 112人 1時間 平成18年11月 6日(月)
高槻市 若松小学校 3・4年生 98人 45分 平成18年11月24日(金)
高槻市 桃園小学校 4年生 73人 1時間 平成19年 1月16日(火)


出前講座実施状況!!
 大阪国道事務所では交通安全事業パンフレット「みどりとGO!」を使って、道路を安全に利用していただくためのマナーについての出前講座を行っています。
 お話を聞いた後は、いよいよ体験&実験!!
 ワイワイにぎやかに、でも、説明はしっかり聞いて楽しく勉強していただきました。

出前講座「国分小学校」
 
写真その1
 
写真その2
 
写真その3
 
写真その4
 
 
紙芝居
出前講座のはじまりはじまり〜♪
パンフレット「みどりとGO!」にそって、歩く人や自転車が安全・快適に利用するための道路の工夫、交通事故にあわないための道路を使うマナーについて勉強していただきました。
手を挙げて答えたりとしっかりお話をきいていただきました。
車いすにのって道の段差や傾きを体験!
車いすにのって実際に段差や傾いた道を体験!
ちょっとの段差なのに、車いすだと大変!
道が傾いていると、あららら…行きたい方向にうまく進まない!?
めいわく駐輪があると通れない!
みなさんにもできる道路のバリア(障害)をなくすことを知っていただきました。
白杖をもって点字ブロックの上を歩いてみよう!
視覚障害者の人が道を歩くときってどんなんだろう?
2種類の点字ブロックの意味や白杖の説明を聞いたあといよいよ体験!
体験ではアイマスクをして白杖をもち、点字ブロックを足で体感していただきました。
実際に足でさぐってみると「ぜんぜんわからへ〜ん!?」とこわごわ…
点字ブロックの大切さと点字ブロックの近くに障害物があると危険だということを知っていただきました。
平板ブロック体験
一見、同じブロックなんだけど??
「普通のブロック」「透水性ブロック」「保水性ブロック」の違いや役割を実験をとおしてお勉強!
ブロックに水をかけると…水がしみこんでいく様子にびっくり!?
水たまりのできにくい道づくりの工夫・環境にやさしい道づくりの工夫について知っていただきました。
 
出前講座「桃園小学校」
 
写真その1
 
写真その2
 
写真その3
 
写真その4
 


なお、出前講座の申し込み、お問い合せは、

<問い合わせ先>
大阪国道事務所 総務課・地域調整課 出前講座担当まで
TEL:06-6932-1421
[ 戻る ]