出前講座

大阪国道事務所では道に関する様々な事を知っていただくため、出前講座を実施しています。
平成27年度は3小学校で「バリアフリーに関する出前講座」を行いました。
実際に車いすに乗って段差や傾きを体験したり、アイマスクをして点字ブロックを歩いてもらったり、歩道に使用しているブロックの違いを体験したりする事で、自らバリアフリーの大切さを実感してもらいました。

【出前講座を実施した小学校】
小学校名 実施学年 参加人数 講座時間 実施年月日
大阪市立 鯰江小学校 4年生 200人 約2時間 平成27年11月27日
大阪市立 新東三国小学校 4年生 48人 約2時間 平成27年12月11日
大阪市立 加賀屋東小学校 3年生 74人 約2時間 平成28年1月15日


実施状況
はじめに
バリアフリーってなに?
はじめは、大阪国道事務所の仕事や身の回りのバリアフリーについて楽しく学んでもらいました。
車いす体験
車いすだと大変!?
車いすにのって実際に段差や傾いた道を体験してもらいました。ちいさな段差でも中々登れないし、傾きがあるとまっすぐ進めない!?普段歩いていると気にならないようなところも、車いすだと大変です。
透水性ブロック実験   交通安全・バリアフリークイズ等
 
いっけん同じブロックなんだけど??   みんな知ってるかな?
歩道に使用しているブロックの違いや役割を、実験を通して学んでもらいました。
ブロックに水をかけたのに、、、あれあれ、水がどんどんしみ込んで、下から垂れてこないよ!水たまりのできにくい道づくりの工夫や、環境に優しい道づくりの工夫について知ってもらいました。
 
道路でよく見るマークや黄色いブロックなど、交通安全やバリアフリーのクイズをしました。
「これぜったい〇だ!」「うーん、どっちかな?」みんな一生懸命考えてくれました。

点字ブロック歩行体験
黄色いブロックの大切さ
アイマスクをし、白杖を持って点字ブロックの上を実際に歩いてもらいました。
視覚障がい者の人が歩くときってどんな感じだろう?
見えないってこんなに不安なんだ。
点字ブロックの大切さと点字ブロックの近くに障害物があると危険だということを知ってもらいました。
まとめ
「心のバリアフリー」を大切に
バリアフリーの体験を通して、ひとりひとりができること、思いやりの気持ちなど「心のバリアフリー」について考えてもらうきっかけになっていればと思います。


実施アンケート結果


感想・お手紙もいただきました!
出前講座にご参加いただき、ありがとうございました。


なお、出前講座の申し込み、お問い合せは、

大阪国道事務所 総務課・地域調整課 出前講座担当まで
TEL:06-6932-1421(代)
[ 戻る ]