大阪国道事務所の現場情報

国道26号大藪池交差点で「夜間通行止」による横断歩道橋の撤去工事が完了しました!
(大阪国道管内橋梁補修他工事)


■工事概要

【施工箇所】 大阪府泉佐野市I原地先(大藪池交差点)
【施工内容】 泉佐野第一歩道橋の撤去
【施工期間】 平成29年11月9日(木)〜平成29年11月24日(金)


■施工概要

【規制方法】 国道26号は交通量が多く、現道上で工事規制を行うには夜間(22:00〜6:00)に行う必要があるため、施工方法を検討した結果、歩道橋の「階段」「主桁」「橋脚」の撤去では全面通行止を行うこととしました。
【施工方法】 通常、コンクリート構造物は現地で取壊しを行いますが、現地で取壊しを行う場合、長期間の交通規制や騒音等が懸念されました。このため、現地での取壊しではなく、クレーンでの撤去のうえ出張所に運搬して取壊す方法を採用しました。200tクレーンとポールトレーラーなどの大型トラックを使用して、長さ約22m、重さ約40tの歩道橋主桁を撤去しました。


■その他

【広報活動】 一般ドライバー向けには通行止日程や区間・迂回路に関する情報を記者発表した他、道路情報板を用いて予告・規制中の掲示を行いました。また、周辺住民の方には回覧板によるお知らせを行って事故無く円滑に歩道橋撤去を完了しました。


■工事状況

撤去前(11/9)   撤去後(11/24)
階段撤去(11/13) 主桁撤去(11/16) 支柱撤去(11/22)


■工事状況(動画)

 下の画像をクリックすると動画が視聴できます。
大型クレーン組立   階段部撤去   跨道橋撤去
       
  支柱撤去   大型クレーン解体