道路の仕事

小丸 博司
現在の業務内容と、その仕事をする上で大切なこと、面白さ、やりがいについて教えてください。

私は京奈和自動車道紀北西道路の建設現場で、阪和自動車道との接続部にある橋梁工事や土工事の監督を担当しています。現場で一番重要なことは、工事が滞らないよう現場の問題や協議等を円滑に解決することです。そのための地元や各請負業者・事務所職員とのコミュニケーションは重要です。

また、この仕事ならではですが、目の前で少しずつ道路ができあがっていく様子が目の当たりにできるのはやはり面白いですね。橋梁工事でも基礎から橋脚・上部工まで品質を確保・向上させるためにどうするかなど請負業者と議論もします。土工事も土質を判断したり品質確認したり、やることは多いけど、とてもやりがいがあります。

現在の業務をされている中で、印象に残ったエピソード(失敗、喜びなど)あればお教えください。

地元小学生を対象にした現場見学会を実施したんですけど、小学生からお礼の寄せ書きをいただいた事があって、請負業者含めうれしかったですね。

あと、「魅せる現場」という取り組みで、一般の方の現場見学会も行っており、大勢の方に見学いただいてますが、みなさんから「スケールの大きさに感動しました!」「お仕事頑張って下さい!」と声かけいただいてます。土木の仕事に多少なりとも理解を示していただいている事に喜びを感じます。

国土交通省を検討されている学生の皆さんへ、メッセージをお願いします。

道路、河川などを含め地域を支える社会基盤を整備・保全する最前線の仕事です。きついところもありますが、それは多かれ少なかれどの仕事も同じ事。やりがいはあると思います。

国道など既存の道路網と一体となり、広域ネットワークを構築する高規格幹線道路は、人流・物流を効率化し、地方の産業・経済・観光を支える大動脈です。

また、救急医療や災害時の救援、物資輸送ルートとしても重要な役割を担っています。

これらの広域ネットワークの整備を進め、安全・安心な暮らしを守っています。

京都・奈良・和歌山の
広域交通ネットワークを形成。
地域住民の声にこたえ、
豊かな暮らしを実現する。

京奈和自動車道は,京都・奈良・和歌山を結ぶ延長約120kmの高規格幹線道路です。この道路が整備されることにより産業振興面や防災面での広域的なネットワークを形成します。

また、一般国道24号のバイパス道路として交通渋滞の解消,交通事故の減少などに寄与します。

事業の詳細はこちら
近畿地整の仕事TOPに戻る