電気・機械の仕事

森井 和弘
現在の業務内容と、その仕事をする上で大切なこと、面白さ、やりがいについて教えてください。

琵琶湖河川事務所が管理する、水門・樋門等の機械設備が正常に稼働出来るよう、点検・整備・補修等の適切な維持管理を行っています。

管理している機械設備の中で一番大きな施設は、琵琶湖から唯一流れ出る河川(瀬田川)の流量調節を行う瀬田川洗堰です。なかでも機械設備(ゲート設備)は通常の維持管理だけでなく、琵琶湖の水位を調節するための放流量変更等によりゲート操作を行う必要があり、操作の前に自分の目と手で機器が正常である事を確認する点検についても実施しています。台風や大雨の中で点検する事もあり、大変な仕事ですが、事前の点検で異常の無い事を確認しなければ洗堰の放流量変更操作が出来ないという重要な仕事であり、非常にやりがいを感じています。

不具合が生じた場合等は休日を問わずに連絡が来ますが、重要な施設を管理している責任と誇りをもって、対応をしています。

現在の業務をされている中で、印象に残ったエピソード(失敗、喜びなど)あればお教えください。

日々、良好な管理をしていても、機械設備ですので、不具合が生じる時があります。

不具合が生じた時、現場状況を確認し、過去の不具合対応資料や完成当時の資料を参考に、不具合箇所を処置し、正常な状態へ復旧させる事が出来た時は、「バッチリ!!」と思わず喜んでしまいました。

国土交通省を検討されている学生の皆さんへ、メッセージをお願いします。

国土交通省では、河川だけでなく、道路についても良好な維持管理をするために必要な機械設備がいろんな場所に設置されています。日常生活では気が付かないかもしれませんが、何気ない日常を守る為に、設備が正常に稼働出来るよう日々対応しております。

目立たない事でも、やりがいのある仕事です。

国民の皆さんが何気ない日常を過ごせる縁の下の力持ちに一緒になりましょう。

ご自身の目標や夢があれば教えてください。

入省を決めたきっかけが、自分が計画から施工まで手がけた設備が未来に残る事です。

今後は、今まで培った自分の知識と経験を生かし、より良い設備として長く受け継がれる設備を残したいと思います。

水害から生命と財産を守るための排水機場・水門・ダムゲート、道路の安全で快適な交通環境を確保するためのジェットファン・融雪設備の新設・改良・メンテナンスについて、計画、立案、予算要求から工事発注、監督を行っています。

災害発生時には排水ポンプ車や照明車などの災害対策用機械を出動させ、災害復旧活動に取り組んでいます。

事業の詳細はこちら
近畿地整の仕事TOPに戻る