まちづくり・公園・営繕の仕事

近藤 浩明
現在の業務内容と、その仕事をする上で大切なこと、面白さ、やりがいについて教えてください。

現在の業務内容は、都市再生整備計画事業の担当で、まちづくりを計画している自治体を支援する仕事をしています。

これからの安定・成熟した都市型社会の中では、地域住民の生活の質の向上や地域経済・社会の活性化が求められています。また今後の急激な人口減少により、現在の都市機能の維持が困難となる恐れがあるため、コンパクトなまちづくりにより持続可能なまちへの再構築が必要となっています。

そのようなまちづくりを進める自治体を支援する仕事をしており、近畿管内全てのまちづくり計画に関われることにやりがいを感じています。

現在の業務をされている中で、印象に残ったエピソード(失敗、喜びなど)あればお教えください。

多数の自治体の相談を受ける中で、自分の経験値が上がり、その経験に基づきアドバイスをした自治体の計画がとても良い計画となった時はとても嬉しいです。

国土交通省を検討されている学生の皆さんへ、メッセージをお願いします。

まちづくり自体は自治体が行うものですが、自治体単独ではなかなか実現できません。

一つのまちづくりに国・都道府県・市町村が協力することによって、実現可能となるものだと思います。国土交通省の仕事として直接まちづくりをすることはありませんが、地方全体あるいは国全体を見渡す中で一つのまちづくりに関わる役目も魅力的だと思います。

安心して生活できる住みよい近畿を目指して一緒に働きませんか。

ご自身の目標や夢があれば教えてください。

土木の仕事は未来のための構造物を造り、より良い社会にしていく仕事だと思っているので、関わった仕事についてより良い仕事にしていくことが目標です。

人口減少、超高齢社会の到来、モータリゼーションの進展、地球環境問題の高まり、財政状況の深刻化など、都市はさまざまな課題を抱えています。

これらに対応し、安全で活力あるまちづくりを目指して、円滑な交通の確保、豊かな公共空間、良好な市街地の形成など都市基盤の整備を支援します。

事業の詳細はこちら
近畿地整の仕事TOPに戻る