国土交通省 近畿地方整備局

国土交通省 近畿地方整備局

  • 文字のサイズ

天ヶ瀬ダム

天ヶ瀬ダム

天ヶ瀬ダムの諸元

場所 【右岸】京都府宇治市槙島町槙尾山地先
【左岸】京都府宇治市槇島町六石地先
型式 ドーム型アーチ式コンクリートダム
堤高 73m
堤頂 254m
堤体積 164,000m3
放流設備 コンジットゲート 3門
クレストゲート 4門
総貯水量 26,280,000m3
天ヶ瀬ダムの諸元
流域図

天ヶ瀬ダムの歩み

昭和22年 淀川の洪水防御と近畿地方への電力供給を目的に天ヶ瀬ダムの建設計画起こる
昭和28年 13号台風出水が淀川に未曾有の大洪水をもたらす
昭和29年 「淀川水系改修基本計画」が決定
昭和30年 ダムサイトの地質調査に着手
昭和32年 建設事業に着手。天ヶ瀬ダム工事事務所を開設
昭和34年 洪水調節と発電を目的とした「天ヶ瀬ダムの建設に関する基本計画」を告示
昭和36年 ダム本体の掘削工に着手
昭和37年 志津川発電所を廃止して天ヶ瀬発電所を増量し、ダム建設に上水道を加えるための「天ヶ瀬ダムの建設に関する変更基本計画」を告示
昭和39年 天ヶ瀬ダム・天ヶ瀬発電所竣工
昭和40年 天ヶ瀬ダム管理所を設置し管理に移行

天ヶ瀬ダムの目的

洪水調節
台風などによる大雨の時には、宇治川に流入する大量の水を天ヶ瀬ダムに貯留して少しずつ下流に流し、宇治川・淀川での洪水を防ぎます。

発電
ダム下流の関西電力(株)天ヶ瀬発電所で発電を行い、また上流にある関西電力(株)喜撰山発電所は天ヶ瀬ダム湖を下部調節池として純揚水式発電を行っています。

飲み水の供給
宇治市、城陽市、八幡市、久御山町に供給する上水道用水をダム湖より取水しています。