国土交通省 近畿地方整備局

国土交通省 近畿地方整備局

  • 文字のサイズ

重要水防箇所について

重要水防箇所って何?

 洪水の時には、濁流が堤防を越えてあふれ出したり、その濁流で堤防が壊されたりする場合があります。
そのようなときは被害を未然に防ぐため、水防団の方々が土のうを積んでせき止めたりする「水防活動」をして堤防や人々を守ります。
そうした事態をいち早く察知するため、洪水が一定の規模(水位)になると水防団の方々は危険な箇所がないかどうか、堤防を巡視、点検します。
しかし堤防を点検する区間はとても長いため、あらかじめ注意しておく区間を(水防上重要な区間)を決めておけばより効率的な堤防の点検ができ、危険な箇所の早期発見につながります。

重要水防箇所の考え方は?

 重要水防箇所は、その箇所の堤防の状態などにより「堤防高」「堤防断面」「漏水」などのいくつかの種別に分類されます。
さらにその種別ごとに、その箇所の状況に応じて2つの重要度に区分されます。

* 重要度A(水防上最も重要な区間)
* 重要度B(水防上重要な区間)

また、新しく堤防を作った「新堤防」、過去に堤防が決壊したことのある「破堤跡」、以前に川だった所が堤防となっている「旧川跡」については、過去の経験から注意を要する箇所、また破堤などの履歴を残すため「要注意区間」として整理しています。

重要水防箇所評定基準

種別 重要度
A 水防上最も重要な区間 B 水防上重要な区間
堤防高
(流下能力)
計画高水流量規模の洪水の水位(高潮区間の堤防にあっては計画高潮位)が現況の堤防高を越える箇所。 計画高水流量規模の洪水の水位(高潮区間の堤防にあっては計画高潮位)と現況の堤防高との差が堤防の計画余裕高に満たない箇所。
堤防断面 現況の堤防断面あるいは天端幅が、計画の堤防断面あるいは計画の天端幅の2分の1未満の箇所。 現況の堤防断面あるいは天端幅が、計画の堤防断面あるいは計画の天端幅に対して不足しているが、それぞれ2分の1以上確保されている箇所。
法崩れ・すべり 法崩れ又はすべりの実績があるが、その対策が未施工の箇所。 法崩れ又はすべりの実績があるが、その対策が暫定施工の箇所。
法崩れ又はすべりの実績はないが、堤体あるいは基礎地盤の土質、法勾配等からみて法崩れ又はすべりが発生する恐れのある箇所で、所要の対策が未施工の箇所。
漏水 漏水の履歴があるが、その対策が未施工の箇所。 漏水の履歴があり、その対策が暫定施工の箇所。
漏水の履歴はないが、破堤跡又は旧川跡の堤防であること、あるいは基礎地盤及び堤体の土質等からみて漏水が発生する恐れがある箇所で、所要の対策が未施工の箇所。
水衝・洗掘 水衝部にある堤防の前面の河床が深掘れしているがその対策が未施工の箇所。
橋台取り付け部やその他の工作物の突出箇所で、堤防護岸の根固め等が洗われ一部破損しているが、その対策が未施工の箇所。
波浪による河岸の決壊等の危険に瀕した実績があるが、その対策が未施工の箇所。
水衝部にある堤防の前面の河床が深掘れにならない程度に洗掘されているが、その対策が未施工の箇所。
工作物 河川管理施設等応急対策基準に基づく改善措置が必要な堰、橋梁、樋管その他の工作物の設置されている箇所。
橋梁その他の河川横断工作物の桁下高等が計画高水流量規模の洪水の水位(高潮区間の堤防にあっては計画高潮位)以下となる箇所。
橋梁その他の河川横断工作物の桁下高等と計画高水流量規模の洪水の水位(高潮区間の堤防にあっては計画高潮位)との差が堤防の計画余裕高に満たない箇所。
新しく堤防を作った「新堤防」、過去に堤防が決壊したことのある「破堤跡」、以前川だった所が堤防となっている「旧川跡」については、過去の経験から注意を要する箇所、また破堤などの履歴を残すため「要注意区間」として整理しています。
種別 要注意区間
工事施工 出水期間中に堤防を開削する工事箇所又は仮締切り等により本堤に影響を及ぼす箇所。
新堤防 堤防を新しく作ってから、3年以内の箇所。
破堤跡 過去に破堤(堤防が決壊すること)したことがある箇所。
旧川跡 以前は川であったところが現在では堤防となっている箇所。
陸閘(りっこう) 陸閘が設置されている箇所。

河川関係事務所の情報