国土交通省 近畿地方整備局

国土交通省 近畿地方整備局

  • 文字のサイズ

北川水系北川

北川水系
北川水系マップ
北川は、その源を滋賀県と福井県との境をなす野坂山地の三十三間山(標高842m)付近に発し、三重嶽、武奈ヶ嶽にさえぎられた滋賀県高島市の山間部を南流し、県境付近において左支川の寒風川を合わせ、流路を北西に転じ、若狭町にて右支川鳥羽川を、さらに小浜市にて右支川野木川と左支川遠敷川を合わせ日本海に注ぐ幹川流路延長30.3km、流域面積210.2km2の一級河川です。

北川流域は、小浜市、高島市、若狭町の2市1町からなり、若狭地方における社会・経済・文化の基盤をなしています。流域の土地利用は、山林等が約83%、水田や畑地等の農地が約13%、宅地等その他が約4%となっています。

沿川にはJR小浜線、国道27号、162号、303号の基幹交通施設に加え、敦賀市までの延伸が計画されている舞鶴若狭自動車道が整備中です。また、環境庁選定の全国名水百選として“瓜割の滝”と“鵜の瀬”という名水所があり、豊かできれいな水と美しい緑に恵まれています。さらに、北川下流域には若狭地方の中核都市である小浜市、中流域には“鯖さば街道”など京への物資輸送の中継地として栄えた若狭町、そして上流域には琵琶湖に面し畿内と若狭・北陸地方を結ぶ陸上・湖上交通の要所として栄えた高島市があり、古くから大陸と京都や畿内の中間に位置しているため、文化・経済面で重要な役割を果たしてきました。
  • シラウオ
    シラウオ
  • シロウオ
    シロウオ
  • こうのとり大橋
    こうのとり大橋

河川整備の実施方針

北川における今後概ね30年間の河川整備は、遠敷川合流点から下流部では、現況流下能力1,000m3/s程度から将来目標である1,800m3/sに向けた途中段階として戦後最大となる昭和28年9月洪水と同規模の洪水(遠敷川合流点で概ね1,500m3)に対して洪水調節施設による効果を見込み、河道で1,400m3/s程度の流下能力を確保することを目標に河道掘削等を行うことを予定しています。

河川改修の経緯

北川改修の経緯

明治29年8月 歴史的洪水発生
大正15年 内務省直轄改修事業(北川・南川の分離)
昭和28年9月 戦後最大洪水発生(台風13号)
昭和29年 災害復旧土木助成事業(福井県)
昭和44年 多田川の改修・分離
昭和46年4月 一級水系指定
昭和46年12月 北川水系工事実施基本計画策定
平成63年3月 北川水系工事実施基本計画改定
平成19年3月 流域委員会設置
平成20年6月 北川水系河川整備基本方針策定
平成22年3月 北川水系河川整備計画(案)を公表
平成24年10月 北川水系河川整備計画を策定
  • 多田川の改修・分離
    多田川の改修・分離
  • 堤防の拡築・護岸整備
    堤防の拡築・護岸整備