六甲砂防

六甲写真

六甲砂防の概要

 六甲山地における土砂災害から国民の生命・財産および重要交通網等の阪神間の社会経済基盤を保全するため、砂防施設整備や警戒避難体制の強化を推進することを目的としています。

 六甲山地、神戸市、芦屋市、西宮市にまたがり、約200万人が生活する主要都市の北側に位置し、国道2号やJR神戸線、私鉄等の阪神間の物流・人流の基盤となる交通網が横断している。急峻な地形、風化や破砕の進んだ地質状況など、土砂災害の発生しやすい条件がそろっている。


河口からの距離と河床高


風化した花崗岩

六甲山地で発生した過去の土砂災害

年月(西暦) 被害状況
昭和13年(1938年)
7月 阪神大水害
住家流失1,497戸、埋没966戸、全壊2,658戸、半壊7,878戸、床上31,643戸、床下75,252戸、死者671名、行方不明24名、堤防決壊14、道路決壊69、橋梁流失57【直轄化の契機災害】
平成42年(1967年)
7月 7月豪雨
家屋全壊367戸、半壊390戸、床上9,187戸、床下49,650戸、死者90名、行方不明8名、河川決壊67、洪水氾濫74、橋梁流失38、山くずれ141、がけくずれ168、道路被害580
平成7年(1995年)1月
阪神・淡路大震災
総死者6,434人(2005年12月20日兵庫県集計)、全壊106,247棟、半壊130,334棟、部分崩壊多数、火災全焼7,050棟、半焼424棟、神戸市内の焼失面積819,223m2
  • 昭和13年阪神大水害(神戸市)
    昭和13年阪神大水害(神戸市)
  • 昭和42年7月豪雨(神戸市)
    昭和42年7月豪雨(神戸市)
  • 平成7年阪神・淡路大震災(神戸市)
    平成7年阪神・淡路大震災(神戸市)