国土交通省 近畿地方整備局

国土交通省 近畿地方整備局

  • 文字のサイズ

光ファイバ線路敷設に係わる河川法許可申請

本マニュアルの構成及び利用方法

 本マニュアルは、国土交通大臣が直轄管理する河川のうち、国土交通省近畿地方整備局(以下「地方整備局」という。)が所管する一級河川の区間において、電 気通信事業者等が光ファイバを敷設する際に必要となる河川法の許可の申請方法等について記載したものです。以下のような構成になっていますので、十分にご 理解の上ご活用ください。

「1.河川管理用光ファイバ収容空間の開放について」においては、
河川管理者が整備した河川管理用光ファイバ収容空間について電気通信事業者等が光ファイバの敷設を希望する場合において申し込むこととなる公募手続き及び占用許可手続きの流れを説明しています。

「2.許可申請書の作成方法及び申請書の記載例」では、
具体的に光ファイバ敷設に関する許可申請書、添付図書の作成方法等を説明していますので、これを参考に申請書等を作成してください。

「3.設置許可における技術的審査の考え方について」では、
許可申請が必要な区域内における光ファイバ敷設の許可申請があったときに、河川管理者が技術的に審査する際の考え方について説明していますので、これを基に許可が受けられるような光ファイバの設置位置及び構造の選定等をしてください。

なお、国土交通大臣が直轄管理する一級河川のうち近畿地方整備局が管理する一級河川の区間は次のとおりです。
 これらの表で光ファイバ敷設を希望される区間が近畿地方整備局の所管であるかどうかを確認していただき、当局の管理区間における申請等に関する相談についてはそれぞれ各河川(区間)の管理を担当している事務所担当課にしていただきますようお願いします。