【道の駅関連コンテンツ】 道の駅とは | 近畿「道の駅」スタンプラリー | リンクコーナー

九頭竜 [ Kuzuryu ]

路 線 名 国道158号
所 在 名 福井県大野市朝日26-30-1
T E L 0779-78-2300
F A X 0779-78-2554
開設時間  
  8:30〜17:00
年中無休
(ただし直売所については11/25より冬期は毎週木曜日休館
※ トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用できます。
12/30〜1/1は休館(1/2、3はふれあい会館のみ営業)
設置者 大野市

道の駅オリジナルサイトはこちら



70台 [大型車5台/普通車65台]
1 台
男性 (大)6器、(小)9器
女性 9器
ベビーベッド 2台
トイレ 2器 / 駐車マス 2台

【生産物直売所】
(開) 9:00〜16:00
(休) 毎週木曜日、年末・年始
(おみやげ)昇竜まいたけ、穴馬かぶら、穴馬スイートコーン、山菜弁当、木工品

【めん処】
(開)平日11:00〜14:30 土日祝11:00〜15:00
道の駅アクセス情報(当駅まで)
  1. 北陸自動車道福井ICから国道158号を高山方面へ1時間10分
  2. 東海北陸自動車道一宮JCTから白鳥ICまで60分、中部縦貫道で油坂峠料金所まで15分、国道158号で和泉まで25分(名古屋から2時間)
  3. JR越美北線九頭竜湖駅から0分
■観光紹介、特産品も豊富

 「道の駅・九頭竜」は、駐車場を取り囲むように、JR「九頭竜湖」駅、交通情報、観光情報と休憩コーナーを提供している「ふれあい会館」「生産物直売所」など便利な施設が集合しています。福井県の東口の玄関口として、情報も交流の場もたっぷりご用意させていただきましたので、ぜひお立ち寄り下さい。

伝説「笛の里」の情報・物産ターミナル
源平のロマンあふれる「笛の里」。
大野市和泉は、古くから東海と北陸を結ぶ街道町として栄えた土地です。源頼朝・義経の長兄にあたる義平の妻子が、戦いで死んだ義平を形見の横笛で忍び弔ったという伝説「青葉の笛」が今に語り継がれており、「歴史の里づくり」として青葉の笛資料館などが整備されています。

情報ターミナル・道路情報施設・観光案内所
和泉ふれあい会館・(開) 9:00〜17:00 ・ (休)木曜日、 12/31〜1/3休憩コーナーあり、和泉の展示紹介、観光案内も行っています。

青葉の笛資料館(徒歩約2分)
(開) 9:00〜16:30
(休) 月曜日、12月〜3月源義平の遺笛を収蔵。
旅の思い出づくりに立ち寄ってみては。
  フレアール和泉(車で約15分)
九頭竜の流れと百名山『荒島岳』のふもとからあふれ出る100%の自噴温泉は、美肌効果抜群の良質な泉質です。素肌に、心に優しく溶け込んでゆきます。四季の魅力たっぷり彩の味覚ともに、ゆったりした癒しの時間をお楽しみ下さい。
     
 
Copyright(c)2005 国土交通省近畿地方整備局 道路部 交通対策課 All Rights Reserved.