【道の駅関連コンテンツ】道の駅とは | 近畿「道の駅」スタンプラリー | リンクコーナー

あおがき [ Aogaki ]

路 線 名 主要地方道青垣柏原線(県道7号)
所 在 名 兵庫県丹波市青垣町西芦田540番地
T E L 0795-87-2300
開設時間  
  8:00〜17:30
休館日 / 火曜日、年末年始
※ トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用できます。
駅 長 名 谷川 隆夫
設置者 丹波市
 
道の駅オリジナルサイトはこちら


大きな地図で見る

46台 [大型車8台/普通車35台/身障者用3台]
1 台
男性 7器
女性 6器
トイレ 2器 / 駐車場3台 / スロープ
【喫茶・軽食】
(開)10:00〜17:00
(軽食については16:00で終了)
(休)火曜日
0795-87-2300
(おすすめメニュー)
手打ちそばのおいでな定食
【特産品コーナー】
(開)8:00〜17:30
(休)火曜日
(おみやげ)
あまご甘露煮、まるちゃんコンニャク
あざみ菜漬
道の駅アクセス情報(当駅まで)
  1. 舞鶴自動車道→北近畿自動車道→青垣インターチェンジ→丹波市青垣町
  2. 播但有料道路→和田山インターチェンジ→北近畿自動車道→青垣インターチェンジ→丹波市青垣町

■“あおい国”AOGAKIへようこそ

青垣は、古くは但馬街道の宿駅として栄え、現在は自然と同化する田園文化都市の形成をめざして、確かな歩みを続けています。また、町内外には「丹波布」、「高源寺の紅葉」、「渓流の女王アマゴ」の生息地、「スカイスポーツ」の町として知られています。


青垣からの便りは、もうあなたのもとへ届いたでしょうか?
道の駅「あおがき」は、京阪神から丹波地域にアクセスする最短ルートである国道176号と国道427号間のバイパス路線である主要地方道青垣柏原線の「西芦田」地区に開設。
ふるさとAOGAKIは、まさに、“あおい国”。麓には、一級河川加古川最上流の渓流が碧く輝いています。
〔特産品〕大納言小豆・丹波栗・あざみ菜漬・青垣のアマゴ・丹波布・切花のヤブサンザシ
あいあい25号に紹介記事があります



市内の観光ルート、情報を提供しています。


総合運動公園「グリーンベル青垣」(車で3分)
温水プール、テニスコート、多目的グランドが利用できます。
(0795-87-2200)
紅葉の景勝地「高源寺」
(車で5分)
春は新緑、秋は紅葉の森林浴散策ができます。休息には、丹丘荘にて精進料理はいかがですか。要予約。
(0795-87-5647)

青垣いきものふれあいの里
(車で5分)
森の中を自然観察ができます。
(0795-88-0888)
岩屋山頂
《スカイスポーツフライト基地》
(車で約15分)
町内が展望でき、春は麓の倉町野で桜が楽しめます。

兵庫県立森林野生動物研究センター
(車で5分)
青垣町西芦田 倉町
《丹波少年自然の家》
(車で5分以内)
染井吉野桜が倉町川沿いに美しい。


 
Copyright(c)2005 国土交通省近畿地方整備局 道路部 交通対策課 All Rights Reserved.