近畿道の駅 トップページへ戻る
【道の駅関連コンテンツ】
「あまるべ」 [ Amarube ]
路 線 名     国道178号
所 在 名 兵庫県美方郡香美町香住区余部1723番地の4
T E L 0796-20-3617
開設時間   地域振興施設 9:00〜18:00
         (7〜8月は19:00まで)
情報・休憩コーナー 9:00〜18:00
         (7〜8月は19:00まで)
 
  休館日 / 火曜日
※トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用できます。
駅 長 名 馬場 幸男
設 置 者 香美町
あまるべ外観

アクセス


大きな地図で見る

施設

駐車場 17台 [大型車2台、普通車15台]
公衆電話 1 台
トイレ 男性 6器
女性 4器
障害者用トイレと駐車場 トイレ 1器 
レストラン

食事コーナー、バーベキューコーナー                                                

特産販売所 特産品販売施設
修景 余部橋梁

アクセス

道の駅アクセス情報(当駅まで)
  1. 国道178号余部道路ICを降りて約2分                                                
  2. JR山陰本線餘部駅から歩いて約10分 
  3. 大阪、神戸から車で約3時間半                                                

概要

 当道の駅のある美方郡香美町香住余部は美しい日本海に面しており、約100年間山陰の鉄道輸送を支えてきた余部橋梁をシンボルとする地域です。平成22年8月、新橋へ架け替えられましたが現地保存される3橋脚を活用した「空の駅」の整備が進められています。近くには光源の高さが日本一の御埼灯台や平家落人伝説のある御崎地区が、また穏やかな漁港景観で有名な鎧地区もあります。

おすすめポイント

 ■ 〜新鮮な海の幸をご賞味ください〜

 平成22年に新しく架け替えられた余部橋梁の下に位置し、道の駅から見上げると高さ約40mの新橋梁を列車がゆっくりと走ります。日本海でとれた新鮮な魚介類や地元特産物、余部鉄橋グッズを販売するほか、海の幸を生かした食事をお楽しみください。

                                        

インフォメーション

地域情報コーナーでは、約100年間、風雪に耐えてきた余部鉄橋の歴史や平家落人の里御崎集落の様子を紹介しています。現地
  保存された余部鉄橋の3橋脚は、展望施設「空の駅」として整備される予定です。
 

ひと足のばせば

大乗寺(応挙寺)(「道の駅」より車で約15分)  
江戸時代の日本画家、円山応挙(狩野派)とその一門が描いた障壁画165面(国指定重要文化財)が見られます。
大乗寺
海の文化館(「道の駅」より車で約15分)  
山陰海岸ジオパークの見どころを紹介するコーナーの他、足跡化石や世界の魚、甲殻類の剥製約1700点が展示されています。
海の文化館
余部埼灯台(「道の駅」より車で約10分)  
海面からの高さ284m、光源の高さ日本一の灯台です。遙かに広がる日本海の眺めはすばらしく、晴れた日には丹後半島が見渡せます。  余部埼灯台
今子浦海岸(「道の駅」より車で約15分)   
千畳式と呼ばれる岩礁と白砂の砂浜が隣り合う、山陰海岸国立公園内の入り江です。海水浴やキャンプ、スポーツ、自然体験活動ができるレクリエーションゾーンです。日本の夕陽百選の地域として選ばれており、水平線の彼方に沈む鮮やかな夕陽を見ることができます。  今子浦海岸
  このページのトップへ
Copyright(c)2005 国土交通省近畿地方整備局 道路部 交通対策課 All Rights Reserved.