【道の駅関連コンテンツ】道の駅とは | 近畿「道の駅」スタンプラリー | リンクコーナー

ちはやあかさか [ Chihayaakasaka ]

路 線 名 国道309号(村道水分延命寺線)
所 在 名 大阪府南河内郡千早赤阪村二河原辺7
T E L 0721-72-1588 (FAX) 0721-72-1582
開設時間  
  売店:10:00〜17:00
    (12月〜3月 10:00〜16:00)
休館日 / 月曜、火曜日、年末年始
※トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用できます。
駅 長 名 山本 正夫
設置者 千早赤阪村
 



77台 [大型車2台/普通車75台]

2 台
男性 11器
女性 8器
トイレ 1器 / 駐車場2台

売店 10:00〜17:00

道の駅アクセス情報(当駅まで)
  1. 近畿自動車道松原JCTから国道309号を御所方面へ40分
    (大阪から1時間)
  2. 近鉄長野線富田林駅から金剛バスで約20分「千早赤阪村役場前」下車 徒歩約15分
  3. 阪和道美原IC〜国道309号を御所方面へ40分
■ようこそ ちはやあかさかへ
--金剛山の麓、楠木正成の誕生地--

千早赤阪村は、大阪府唯一の村です。南東にそびえる金剛山は、役小角が開山した修験道の聖地として知られています。南北朝時代に日本の歴史を大きく動かした楠木正成の生誕地があります。村内には建水分神社、寄手塚・身方塚など正成ゆかりの史跡や文化財が数多く残っています。

 


「太平記」楠木正成の生誕地。歴史との交差点
■文化、歴史、名所の魅力を存分に表現。
大阪府下第1号の「道の駅・ちはやあかさか」は、楠公誕生地を中心とした歴史の丘公園にあり、「郷土資料館」「くすのきホール(学習施設)」を併設。国道309号を通行する方々に休息の場を与えると共に、千早赤阪村の文化、歴史、名所などの魅力を知ってもらい、さらに訪れる人々と地域の人々の交流によって、活力ある村づくりをめざしています。



公園・楠公誕生地
毎年4月25日にはこの地に生まれた楠木正成にちなみ、楠公祭を開催。
村立郷土資料館
(開) 9:00〜17:00(最終入館 16:30) (休) 月曜
楠木正成ゆかりの遺品をはじめ、郷土の歴史や民俗資料をわかりやすく展示・紹介。
くすのきホール
(開) 9:00〜17:00 (休) 月曜
300席のホール、図書室、会議室などの機能を備えた多目的ホール。


奉建塔(徒歩約5分)
楠木正成没後600年に設立された記念塔。春は桜の名所としても人気があります。また、たもとには約5万本のスイセンが植えられ、1月〜2月中旬にかけて一帯を甘い香りで包みます。
農産物直売所(車で約5分)
(営)  土・日・祝日、早朝より村内特産の野菜・果物(温州みかん、椎茸、なす)を販売。


 
Copyright(c)2005 国土交通省近畿地方整備局 道路部 交通対策課 All Rights Reserved.