【道の駅関連コンテンツ】道の駅とは | 近畿「道の駅」スタンプラリー | リンクコーナー

塩津海道あぢかまの里 [Shiotsukaidou Adikamanosato]
 

路 線 名 一般国道8号
所 在 名 滋賀県長浜市西浅井町塩津浜1765番地
T E L
F A X

0749-88-0848
0749-88-0848
開設時間  
 

物産館・レストラン
9:00〜17:00(3月〜11月)、土日祝日は18:00まで
9:00〜16:00(12月〜2月)、土日祝日は17:00まで
休館日/火曜日(祝日の場合は営業)、
年末年始(12/31〜1/6)
※ トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用できます。

駅 長 名 浅井 正彦
設置者 長浜市

 
道の駅オリジナルサイトはこちら

道の駅外観                                   


 

大きな地図で見る

86台(大型車12台/普通車74台)

1 台

男性 12器
女性 9器
ベビーシート、ベビーチェアー
トイレ 2器 / 駐車場2台
【お食事処】
「奥びわ湖水の駅」
地元食材を活用した和風レストラン
【物産販売所】
「奥びわ湖水の駅」
地元産野菜、加工食品等の販売
  【交流の場】
「水の駅交流館」
まちの観光情報の提供、会議室

道の駅アクセス情報(当駅まで)
  1. 北陸自動車道木之本ICから10分、敦賀ICから30分 
  2. JR北陸本線近江塩津駅から徒歩で30分、レンタサイクルで10分
  3. JR湖西線永原駅からレンタサイクルで30分
■ようこそ塩津海道あぢかまの里へ
 当道の駅は琵琶湖の最北に位置し、日本海と結ぶ塩津海道(国道8号)の沿線にあり、周囲には繁栄の歴史を伝える貴重な文化財が数多く残されているところです。
【駅名の由来】
 「あぢかま」は、塩津を指す枕詞で、琵琶湖の水辺で越冬する鴨に由来しています。当地を代表する言葉として、道の駅の名前に用いています。

 

琵琶湖最北でのおもてなし
 当道の駅には、滋賀県北部の農産物や琵琶湖の水産物を新鮮なうちに直売する店舗と特産品をゆっくり味わうことが出来る食事処を併設しているほか、来訪された方々に地域の魅力を存分に感じていただけるように交流館を設けています。
 各施設では観光情報の展示に工夫を凝らし、おもてなしの心を大切に運営しています。また、当道の駅の周辺には希少な植物の宝庫で知られる「山門水源の森」をはじめ、江戸時代の運河計画で有名な「深坂古道」や桜で有名な「奥琵琶湖パークウェイ・海津大崎」があり、ハイキングやドライブを楽しむ人たちの拠点となっています。


タッチパネル式で県内観光情報、地域の施設情報等を提供


 ○賤ヶ岳古戦場(新雪・賤ヶ岳の大観まで車で10分)
 ○竹生島(新緑・竹生島の沈影)
 ○大崎寺(暁霧・海津大崎の岩礁まで車で15分)
 ○奥琵琶湖パークウェイ(車で20分)
 ○歴史の里菅浦(須賀神社まで車で20分)
 ○塩津海道(塩津神社まで徒歩10分)
 ○山門水源の森(車で10分)
 ○深坂地蔵(車で10分)
 ○木之本地蔵(車で15分)
 ○余呉湖(車で15分)


 
Copyright(c)2005 国土交通省近畿地方整備局 道路部 交通対策課 All Rights Reserved.