【道の駅関連コンテンツ】道の駅とは | 近畿「道の駅」スタンプラリー | リンクコーナー

志原海岸 [ Shiharakaigan ]

路 線 名 国道42号
所 在 名 和歌山県西牟婁郡白浜町日置2039-73
T E L 0739-52-4100
開設時間  
  海来館 8:30〜17:00 
情報提供施設 9:00〜19:00(6月〜9月)
         9:00〜17:00(10月〜5月)
休館日 / 水曜(海来館) なし(情報提供施設)
※ トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用できます。
駅 長 名 白浜町長 井澗 誠
設置者 白浜町
 


大きな地図で見る

37台 [大型車7台/普通車30台]

1 台
男性 7器
女性 5器
 
トイレ 1器 / 駐車場2台 / スロープ
レストラン 「海来館」(2F)
(開) 8:30〜15:30(オーダーストップ 15:00)
(休) 水曜
(おすすめメニュー)
海来館定食、 日替わり定食、 タイめし (シーズン限定)

展示販売所「海来館」
(開) 8:30〜17:00
(休) 水曜(おみやげ)
地元とれたての牛乳でつくったアイスクリーム、紀州備長炭、川添茶、梅製品、干物、木工品

防災設備(発電設備)
道の駅アクセス情報(当駅まで)
  1. 阪和道みなべICから国道42号を串本方面へ60分
  2. 伊勢自動車道勢和多気ICから国道42号を田辺方面へ4時間40分
    (大阪から3時間30分)
  3. JR紀勢本線紀伊日置駅から車で10分
■ ようこそ志原海岸へ
--紀州備長炭とアユの町、日置川--

 和歌山県南部に位置する白浜町日置川は、海と山と川に囲まれた自然の豊かなところです。町の特産物は全国的にも名高い紀州備長炭。また、日置川のアユでも知られ、毎年アユ釣りの全国大会も行われています。

 


とれとれの紀伊の幸を召し上がれ
■太平洋を眺めながら自慢の味を。
 「道の駅・志原海岸」は、町の中心を走る国道42号沿いにあり、雄大な太平洋を一望にできます。駅内の売店では、町内の特産品を多数そろえて販売。生け簀には地元でとれた魚が泳ぎ、その場で料理して食べることもできます。レストランでも魚料理を中心としたメニューを用意、シーズン限定のタイめしは一度味わってみる価値あり。国道を挟んだ向かいに、テニスの盛んな町を象徴する町営のテニスコート12面があるほか、志原の千畳敷へも近く便利です。




   志原海岸は和歌山県の夕陽100選に選ばれています。


町営テニスコート(「道の駅」前)
(料) 半日3,150円
  一日5,250円
昭和46年度和歌山県国体硬式テニス会場として建設。オムニコート12面(内3面ナイター設備)。
シャワー完備。
志原の千畳敷(徒歩で約10分)
熊野灘に向かって畳を敷きつめたような岩場。大洞窟とともに男性的な景観を見せています。磯遊びも楽しめます。

磯釣り場(車で約5分)
黒潮あらう熊野灘の岩場は魚の宝庫。クエ、イガミ、イシダイ、グレなどが釣れます。
日置川(車で約10分)
紀伊半島最後の清流ともいわれる日置川は、アユ、アマゴ、ウナギの宝庫。特にアユは有名で、アユ釣りの全国大会も開催。

塩野薬師堂(車で約10分)
平安時代後期の格調高い仏像が安置されています。県下では数少ない貴重なもの。一見の価値あり。
  八草の滝(車で約30分)
日置川の中流、22mの高さから七色のしぶきをあげて流れ落ちる美しい滝。日本百滝にも選ばれています。
     
町営向平キャンプ村
(車で約15分)
緑の山々に囲まれた日置川畔でキャンプが楽しめます。トイレ、シャワー、炊事棟もあります。
にこにこ市
道の駅敷地内にあるこの施設は、町内で生産した農作物や手工芸品を販売。生産者の顔が見える「市」として好評。
営業時間 8:30〜13:00
(休)火曜

大辺路街道
(仏坂越え)
現在ユネスコ世界遺産登録中の熊野古道の一つで、日置川上流の安居からすさみ町に抜ける古道。ウォーク時間約3時間20分。距離約12km。


 
Copyright(c)2005 国土交通省近畿地方整備局 道路部 交通対策課 All Rights Reserved.