近畿 道の駅

たいじ [ Taiji ]

捕鯨文化の発信拠点

道の駅たいじは、太地町で水揚げされた水産物などの直売所や地元食材を利用したレストランが入る地域振興施設と、観光コンシェルジュが観光案内を行う情報発信施設を整備しています。
日本遺産「鯨とともに生きる」のメイン情報発信拠点として太地町を始めとする熊野灘の捕鯨文化をアニメーションやパネル展示で紹介するスペースも設けられています。
また、道の駅として日本一綺麗なトイレをコンセプトに、ゆとりある共有スペースや女子トイレにはパウダーコーナーを設けています。
路線名 国道42号
所在地 和歌山県東牟婁郡太地町森浦143-1
TEL 0735-29-7690
開設時間 9:00~17:00
(フードコート10:00~14:30)
休館日/年中無休(不定休)
※トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用できます。
設置者 太地町

施設

    • 駐車場
    • 53台 [大型車 5台/普通車 41台]
    • 電話
    • 1台
    • トイレ
    • 男性 8器
      女性 8器
    • 障害者用施設
    • トイレ 1器
      駐車場 2台
    • レストラン
    • 【フードコート】
      (開) 10:00~14:30
    • 店舗・売店
    • 【直売所】
      (開) 9:00~17:00
  • EV充電器
  • 無線LAN

アクセス

道の駅アクセス情報(当駅まで)
  1. 【お車で】
     ■大阪方面から
      松原JCT — 阪和道 — 紀勢自動車道すさみ南IC — 国道42号 — 太地
     ■名古屋方面から
      名古屋 — 東名阪道・伊勢道 — 勢和多気IC — 熊野大泊IC — 国道42号 — 太地
  2. 【電車で】
  3.  ■大阪方面から
      「JR紀勢本線特急くろしお」
        JR新大阪駅 — JR太地駅(約3時間50分)
       ■名古屋方面から
        「JR紀勢本線特急ワイドビュー南紀」
        JR名古屋駅 — JR紀伊勝浦駅(約3時間30分)
        JR紀勢本線 串本・紀伊田辺方面行き
        JR紀伊勝浦駅 — JR太地駅(約7分)
       ※JR太地駅からは、太地町営じゅんかんバスをご利用ください。「道の駅たいじ」下車(約1分)
      

インフォメーション

【情報コーナー】  【綺麗なトイレ】
古式捕鯨発祥地の歴史・伝統を情報発信  清潔で斬新・高機能のトイレ 

ひとあしのばせば

太地町立くじらの博物館(車で約5分)

世界一のスケールを誇るくじらの博物館には、鯨の生態や捕鯨に関する資料などおよそ1,000点に及ぶ貴重なものが展示されていて、わが国捕鯨発祥の地として昔から現代までのおよそ400年の歴史を目の当たりに興味深くひもといていただけます。 博物館内には、鯨類骨格標本、古式捕鯨に用いられた道具、古式捕鯨を模したジオラマ、近代捕鯨の銛や大砲、キャッチャーボート模型などクジラと捕鯨のことが詳しく展示、解説されています。